J-STARの投資

J-STARの投資とは

image description

J-STARが考える成功する投資は、株主・経営陣・従業員・取引先企業等との融和と調和によって成り立つものです。それぞれが、本音で語り合える環境を醸成したいと考えています。例えば、株主が強引に企業の役員や方針等を変えても、役職員のサポートを得ることはできませんし、また、そのような企業との取引は、取引先企業にとっても不安要素になりえます。結果的に事業の成長に繋がらず、投資としても成功しないと考えます。

J-STARのような投資ファンドの株式保有期間は数年間であるため、いずれは持ち分を売却しなければなりません。保有した株式を売却した後には、投資先企業の経営陣や従業員の皆さんが自立した経営を行うことができるよう、また、J-STARよりも、より事業戦略にマッチした株主や親会社のもと、個々企業の有する実力を十分に発揮できるよう、土台を整えることが我々の役目と考えています。したがって、投資先企業と充分な話し合いを行い、納得したうえで必要な変更等を投資先企業経営陣が決定することを重視しています。更に、J-STARのポリシーとして、持株を売却する際は、投資先企業の経営陣に十分な納得を得られるよう、十分なコミュニケーションをとることを心がけています。