メディアルーム

2021年1月12日 株式会社エスコの株式譲渡について

この度、弊社の管理・運営するファンド(J-STAR二号投資事業有限責任組合)が保有する株式会社エスコ(本社:東京都新宿区;代表取締役社長:安西裕;URL:https://www.esco-co.jp/;以下「エスコ」)の全株式をエスコの現経営陣が発行済全普通株式を保有する株式会社エスコホールディングスへ譲渡いたしましたのでお知らせいたします。


エスコは2005年の創業以来、独立系企業として、特定のメーカー等に偏らない中立的な立場から、多様な施設に対し省エネ・省コスト化ソリューションを提供しております。特にマンション向けサービスについては、エネルギー使用状況に応じた製品の組み合わせ等が評価され、累計で29,954棟(2020年12月末時点)に対してソリューションを導入しております。


弊社は、エネルギー資源不足という日本の構造的課題を背景とした市場構造の変化が見込まれる中、エスコの経営基盤の安定化並びに持続的ビジネスモデルの構築を支援して参りました。


更なる持続的な成長の達成には、エスコの強みである独立性を維持しながら、これまで積み上げてきた経験やノウハウを活かしていくことが必要であり、マネジメントバイアウトを通じ現経営陣及び従業員が主体的に経営に関与していくことが最善と判断いたしました。

株式会社エスコの株式譲渡について(PDF:388.3 KB)