メディアルーム

2020年12月15日 株式会社ジェネックスへの資本参加について

この度、弊社が投資関連サービスを提供するファンド*1 が、株式会社ジェネックス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:駿河賢吾、URL:https://www.gnx.co.jp/、以下ジェネックス」)へ資本参加しますことをお知らせいたします。

ジェネックスは、2009 年、代表取締役社長の駿河賢吾氏が設立した医薬品卸売事業者です。
ジェネリック医薬品に特化し、効率的な営業及びロジスティクスを特徴とする独自のビジスモデルを確立することで、全国規模の独立系専門卸売事業者として業界最大手の地位築いています。

国民医療費が増大する中、ジェネリック医薬品の普及が至上命題である我が国において、ジェネックスの事業が担う社会的役割は一層大きくなると同時に、同社の成長が社会的課題の解決に寄与するものと考えています。

今後は、従来からの株主である駿河賢吾氏及び株式会社メディカルシステムネットワークと共に、更なる事業成長を目指して参ります。

* 1 弊社は、J-STAR No.4 A, LP 等に対して個別に、弊社自身又はその子会社を通じて、投資機会の調査及び紹介並びに投資先の育成等に係る投資関連サービスを提供しています。

株式会社ジェネックスへの資本参加について(PDF:492.4 KB)