メディアルーム

2020年8月28日 株式会社シンシアの株式取得に係る契約の締結について

この度、弊社が投資関連サービスを提供するファンド*1が出資する持株会社(以下「持株会社」)が、オーナー家及び日本電気株式会社(以下「NEC」)との間で、株式会社シンシア(本社:東京都品川区、代表取締役社長:増田洋介、URL:https://www.sincerehq.com、以下「シンシア」)の株式取得に係る契約を締結しましたので、お知らせします。

シンシアは、1969年にNECの資本参加を得て、NECグループを主要顧客としたリサイクル事業及びビルメンテナンス事業を展開する企業として創業しました。その後、「持続可能な社会を実現するためには、自然との共生が必要」との理念を掲げ、首都圏からの廃棄物適正処理需要に応えることを目的に、品川地区及び横浜地区に廃棄物処理事業を立ち上げました。同処理施設においては、廃棄物発電を行い(サーマルリサイクル)、また、排出物を路盤材として再生する(マテリアルリサイクル)等、半世紀に亘り環境問題への現実的な解決策を提供してきました。近年では、環境問題への対応が急務との社会要請が強まっており、代替困難な社会インフラとして、ますます重要な役割を担っています。
シンシアは、前述の各事業をベースにしながら、廃棄物処理全体の管理業務を一括して支援するウェイスト・マネジメント事業も手掛けることで、継続的に発展することを目指しています。

今般、持株会社は、オーナー家から全株式、NECから一部株式を取得します。
また、持株会社は、シンシアがこれまで同様、社会資本として安定したサービス提供が可能な組織体制を維持・向上し、「環境ソリューション企業」として一層成長することを支援して参ります。

以上


* 1 弊社は、J-STAR No.4 A, LP 等に対して個別に、弊社自ら又はその子会社を通じて投資機会の調査及び紹介並びに投資先の育成等に係る投資関連サービスを提供しています。

株式会社シンシアの株式取得に係る契約の締結について(PDF:154.9 KB)