メディアルーム

2018年1月22日 ハリタ金属株式会社への資本参加について

この度、弊社が投資関連サービスを提供するJ-STAR No.3 SS, LP等*(以下、「本ファンドら」)が出資する株式会社JSリサイクルホ-ルディングスが、ハリタ金属株式会社(本社:富山県高岡市、代表取締役:張田真、以下「ハリタ金属」)に資本参加しましたのでお知らせ致します。

ハリタ金属は1960年の創業以来、鉄、非鉄金属のリサイクル事業、産業廃棄物の中間処理事業を展開しております。同社は、北陸エリアではトップクラスの事業規模を有しており、加えて近年は、技術力においても業界内で高く評価されております。一方、人口減少やグローバル化といった中長期的な産業構造の変化に対応するためには、コーポレートガバナンスの強化、家業的経営から組織的経営への転換、財務戦略の強化が不可欠であると判断しました。今般、資本参加を受け入れることで一層の事業改革を実現すべく、本ファンドらと資本提携の合意に至りました。

張田真氏は引き続きハリタ金属の代表取締役を務めます。そして同社は、社会的意義のある新たな価値をつくり、人と社会の発展に貢献するという経営理念の実現を目指します。

* 弊社は、J-STAR No.3 SS, LP 等に対して個別に、弊社自身又はその子会社を通じて、投資機会の調査及び紹介並びに投資先の育成等に係る投資関連サービスを提供しております。


ハリタ金属株式会社への資本参加について(PDF:107.6 KB)