メディアルーム

2016年11月 1日 日本保険サービスによるヒューネルエフイーエーの株式取得について

弊社はこの度、弊社が管理・運営する J-STAR 二号投資事業有限責任組合(以下「JSII」)の投資先である日本保険サービス株式会社 (本社:東京都中野区 代表者:樋口公裕 以下「NHS社」 http://www.n-h-s.co.jp/)を通じ、株式会社ヒューネルエフイーエー(本社:東京都新宿区 代表者:福島幸三 以下「FEA社」http://www.hunelfea.co.jp/)の全株式を取得致しましたのでお知らせいたします。

NHS社は、テレマーケティングによるアポイント取得と対面営業を組合せたハイブリッド型の保険募集モデルにて第三分野(医療・がん保険など)を中心に保険勧誘し、急成長を成し遂げました。
弊社は、JSIIを通じたNHS社への投資を行って以来、2016年5月の保険業法の改正を見据え、コンプライアンス体制の更なる強化に加えて、株式会社創企社(以下「創企社」)の株式を取得し、事業拡大を図ってまいりました。
FEA社は、NHS社/創企社が得意ではない第一分野(生命保険固有分野)及び第二分野(損害保険固有分野)の保険募集を得意とする対面型の乗合保険代理店であり、現在全国に200名を超える募集人を擁し、持続的な成長を実現しております。
NHS社/創企社とFEA社が同一グループを形成することにより、消費者のあらゆる分野(第一分野、第二分野、第三分野)の保険ニーズに対応できる保険代理店グループとなります。今後は、NHS社、創企社、FEA社の事業相乗効果を追求することにより、一層の事業の拡大を図ってまいります。

弊社と致しましては、NHS社、創企社、FEA社で形成される保険代理店グループが目標とする「お客様から最も信頼され、選ばれる、日本にこれまでにない新しいタイプの保険代理店」を実現するために、継続的な支援をしてまいります。

なお、今般の投資検討にあたり、アクアコーポレートアドバイザリー株式会社、長島・大野・常松法律事務所の協力を得ております。

以上

日本保険サービスによるヒューネルエフイーエーの株式取得について(PDF:167.7 KB)