メディアルーム

2015年12月 4日 株式会社エスコへの資本参加について

弊社はこの度、弊社が管理・運営する J-STAR 二号投資事業有限責任組合を通じ、株式会社エスコ(本社:東京都新宿区、代表者:髙木康則、以下「ESCO 社」)に資本参加いたしましたのでお知らせいたします。

ESCO 社は、「省エネ/コスト削減」を切り口に、エネルギー最適化に必要な製品とサービスを組み合わせた、ワンストップソリューションを提供しております。全国的な営業基盤と豊富な実績に加え、エネルギー最適化提案に必要なコンサルティング、調査、工事、保守運用等について、効率的に受注が可能な組織体制を実現しております。エネルギー資源不足という日本の構造的課題を背景に安定的な省エネニーズが見込まれる中、電力小売自由化、ガス自由化等、エネルギーに関する市場は今後大きく変化していくことが見込まれます。弊社としましては、ESCO 社がこの変化の中で更に成長していけるよう、組織体制の一層の拡大を図りつつ、経営基盤の安定化ならびに持続的ビジネスモデルの構築を支援して参ります。

なお、今般の弊社の投資検討にあたり、弁護士法人大江橋法律事務所(東京事務所)、三井住友信託銀行株式会社、山田ビジネスコンサルティング株式会社の協力を得ております。また、資本参加に際し、株式会社りそな銀行からの融資による資金調達を行っております。

以上

株式会社エスコへの資本参加について(PDF:164.0 KB)