メディアルーム

2015年3月17日 Private Equity International Awards 2014 での"Firm of the Year in Japan"受賞について

この度、Private Equity International 誌が主催するPrivate Equity International Awards 2014の結果が発表され、私どもJ-STAR が、三年連続で"Firm of the Year in Japan"を受賞しました。
また、Private Equity International Awards 2014 では、弊社運用ファンドが株主として支援させていただきました株式会社HCM(以下「HCM」)が、Exit of the Year in Asia で受賞候補に選出されておりましたが、次点にとどまりました。

※Private Equity International Awards 2014 に関し、下記リンク先のページよりPDF ファイルをご覧になれます(英語版のみ)
https://www.privateequityinternational.com/uploadedFiles/Private_Equity_International/PEI/Pagebuilder/Aliased/Awards/PEI_133_AR_Awards_noAds_FULL.pdf

2014 年に弊社は2 件の新規投資(國上精機、ナースコール)を行い、また3 件の投資回収(バーンホールディングス、風と大地、HCM)を実現しました。今回の受賞並びに候補選出は、日本国内の中堅中小企業向け投資分野における積極的な活動と価値創造実績が評価されたものと理解しております。

J-STAR は企業への株式投資を通じて課題解決を図り、利害の異なる各種ステークホルダー の満足度を最大化することで付加価値を生み出すことを標榜しています。 今回の受賞を励みとし、今後も投資家利益の最大化と社会厚生の極大化を両立すべく投資活動に励んでまいります。

以上

Private Equity International Awards 2014 での"Firm of the Year in Japan"受賞について(PDF:222.1 KB)