メディアルーム

2014年11月10日 ナースコール社及びカイロス社の株式取得について

弊社はこの度、弊社が管理・運営する J-STAR 二号投資事業有限責任組合を通じ、有限会社ナースコール在宅センター訪問サービスとその関連会社(本社:愛知県名古屋市、代表者:高橋正、URL : http://www.nursecallhomecare.com/ 以下「ナースコール社」)及びカイロス・アンド・カンパニー株式会社 (本社:神奈川県、代表者:高橋正、URL:http://kairos-company.com/company.html 以下「カイロス社」)の過半数を占める株式を取得しましたのでお知らせいたします。

ナースコール社は、看護師であり創業者である吉田豊美氏(現会長)により2005年に設立され、名古屋市内で2ヶ所の訪問看護ステーションを運営しております。 現在は、末期がんやALS等の難病患者のためのサービス付高齢者住宅に対するサービスを含め、高い専門性により在宅での終末期ケアを実現しております。カイロス社は、2013年より「ファミリー・ホスピス」事業を開始し、現在は神奈川県にて2ヶ所の訪問看護ステーションとホスピス住宅の運営を行っております。
両社は、医療資源が限られる環境下で多死時代を迎える日本において、在宅での「看取り」を実現するためのサービスモデルをそれぞれの地域で構築している先駆的な事業者です。弊社としては、そのオペレーションノウハウを活用し、質の高い在宅サービスを全国レベルで普及させるための持続可能なビジネスモデルの構築を支援してまいります。

なお、今般の弊社の投資検討にあたり、KPMGヘルスケアジャパン株式会社、有限責任あずさ監査法人、KPMG 税理士法人(対象:ナースコール社)、優成監査法人(カイロス社)、東京丸の内法律事務所(両社)の協力を得ております。
また、株式取得に際し、株式会社東京スター銀行からの融資による資金調達を行っております。

以上

ナースコール社及びカイロス社の株式取得について(PDF:210.1 KB)