メディアルーム

2013年7月10日 東海トリムホールディングス株式会社への出資について

弊社はこの度、弊社が管理・運営するJ-STAR 二号投資事業有限責任組合を通じ、サプライチェーン・サポート株式会社(本社:東京都 代表取締役社長:本野雅彦)が管理・運営するサプライチェーン・サポートファンドと共同で東海トリムホールディングス株式会社(本社:三重県鈴鹿市 代表取締役社長:横田清澄 以下、国内および海外子会社を総称し「東海トリムグループ」という。)への優先株出資を行いましたのでお知らせいたします。

東海トリムグループは、四輪車用シートカバー製造、二輪車用シート、各種帆布製品製造を主業としております。早い段階から積極的な海外展開を行っておりグローバルな生産体制を構築することで、多様なニーズに柔軟に対応する能力を有しており、顧客企業から高い評価を得ております。

今回の出資によって財務基盤強化が実現することで、海外展開のさらなる強化等、積極的・機動的な戦略推進が可能となるものと考えております。弊社といたしましても、今般の出資を機に東海トリムグループの事業拡大サポートを積極的に行ってまいります。

なお、今般の弊社の投資検討にあたり、事業デューデリジェンスを株式会社コーポレイトディレクションが、財務・税務デューデリジェンスをSCS 国際コンサルティング株式会社が、法務デューデリジェンスをベーカー&マッケンジー法律事務所が実施いたしました。

以上

東海トリムホールディングス株式会社への出資について(PDF:233.8 KB)