メディアルーム

2013年7月12日 J-STAR二号ファンドの募集完了について

弊社はJ-STAR二号ファンドの募集を行い、国内外機関投資家の皆様からの高い関心をいただき、本年5月31日に二号ファンド出資総額118億6千万円のご出資をいただきました。今般、別途同一の投資戦略を有するファンド(出資総額85億4千万円)に対しても弊社のサービスを提供することとなり、合わせて204億円の投資案件の開発を行うこととなりました。

今後、弊社はファンドからの出資等に金融機関からの融資額を合わせて10億円から100億円の投資案件、十数件への投資を行っていく予定です。
通信網や輸送網の発達により世界経済が連動性を高める中、日本における人口構造の変化などの問題も相まって事業環境の変化速度は高まり、資本を含めた課題解決への需要は高まっています。なかでも中小規模企業においては解決策が不足しており、プライベートエクイティによる解決への需要は高まっています。

このような背景のもと、J-STARは投資を通じ、17社の企業の課題解決を支援しています。


J-STARは資本面での課題解決にとどまらず、事業面での支援を通じて、今後もステークホルダーが輝くための研鑚を重ね、企業への投資活動を通じて新たな価値を創造し、社会厚生の増大に貢献していく所存ですので、引き続き皆様からのご厚誼をいただけますようよろしくお願いいたします。

J-STAR二号ファンドの募集完了について(PDF:129.0 KB)