メディアルーム

2013年1月18日 株式会社オリーブ・デ・オリーブの株式譲渡契約締結について

弊社は、弊社の管理・運営するファンド(J-STAR 一号投資事業有限責任組合)が保有する株式会社オリーブ・デ・オリーブ(本社:京都府下京区、代表者:内野伸彦、http://www.olivedesolive.tv/、以下、「オリーブ社」)の全株式を、瀧定大阪株式会社(本社:大阪府大阪市、代表者:瀧隆太http://www.takisada-osaka.co.jp/、以下、「瀧定大阪社」)グループへ譲渡することを目的とし、株式譲渡契約を締結しましたのでお知らせいたします。

オリーブ社は「カワイイを、生きる」をビジョンに掲げ、基幹婦人服ブランドであるOLIVEdes OLIVE(以下、OLIVE)を中心とした展開で、根強い顧客層を獲得しております。また中国内販事業の推進や台湾内販事業の開始等、積極的なアジア展開を行っております。

瀧定大阪社は150 年近い歴史を有する大手繊維商社であり、繊維原料、製品を中心に国内で強固な地位を築いており、近年は中国を中心とするアジア市場で積極的な事業展開を志向しております。

オリーブ社が瀧定大阪社グループに参加する事で、瀧定大阪社グループの持つアパレル業界におけるネットワークや信用力など有形無形の資産を活用でき、日本及びアジアエリアにおけるOLIVE をはじめとしたオリーブ社事業の更なる成長加速に寄与するものと判断いたしました。

なお、今般の弊社の契約締結にあたり、弊社のファイナンシャルアドバイザーとしてマッコーリーキャピタル証券会社、法務アドバイザーとしてベーカー&マッケンジー法律事務所(外国共同事業)の協力を得ております。

以上


株式会社オリーブ・デ・オリーブの株式譲渡契約締結について(PDF:80.9 KB)