メディアルーム

2010年9月29日 アポプラスステーション株式会社の株式取得について

弊社はこの度、弊社が管理・運営する J-STAR 一号投資事業有限責任組合を通じ、メディカルソリューションズ株式会社(以下「MS 社」)を設立いたしました。また MS 社は、平 成 22 年 9 月 8 日にアポプラスステーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:日比野恒子、以下「APS 社」)の株式を取得しましたので併せてお知らせいたします。
APS 社は、平成 5 年に未就業薬剤師の再教育及び職業紹介事業を主な目的として創業し、 その後、調剤薬局の運営や、薬剤師教育を発展させた MR(Medical Representative:医薬情 報担当者)教育の受託といった事業を展開してまいりました。平成 12 年には国内企業として初めて CSO(Contract Sales Organization:医薬品の営業・マーケティング受託機関)事業を開始、当該事業のリーディングカンパニーとしての地位を築いております。

APS 社は創業以来、数多くの株主の皆様に資本参加を頂き、株式上場に向けて応援を頂いて参りました。APS 社経営陣といたしましては、昨今の上場マーケットの状況を鑑み、今般時期も含めて上場戦略を見直すと同時に、株主の皆様に還元する形で、分散した株主構成を一旦集約し、一層の経営の機動性を確保した上で事業運営にあたっていくことを模索しておられました。
弊社といたしましては、平成 22 年 7 月 28 日付にて MS 社を通じて、APS 社 85 名の全株主の皆様に株式取得のご提案を申し上げ、その前提条件としておりました議決権の 3 分の 2 を大幅に上回る株主の皆様の応募を得て、APS 社株式の取得を実行いたしました。株式取得に際しては、J-STAR 一号投資事業有限責任組合等による出資のほか、株式会社りそな 行からの融資による資金調達を行っております。

本件は、日比野社長以下 APS 社社内株主も改めて MS 社に出資する形式の MBO(マネジ メント・バイアウト)であります。従いまして、APS 社常勤取締役も MS 社の代表取締役 取締役にそれぞれご就任を頂き、APS 社の現行事業運営体制は維持されます。弊社は、MS 社並びに APS 社へ非常勤役員を派遣し、経営陣・従業員の皆様をサポートしてまいります。

以上

アポプラスステーション株式会社の株式取得について(PDF:14.0 KB)