メディアルーム

2009年6月 2日 株式会社オリーブ・デ・オリーブへの出資完了について

弊社はこの度、弊社が管理・運営する J-STAR 一号投資事業有限責任組合(以下、「J-STAR ファンド」)を通じ、株式会社オリーブ・デ・オリーブ(以下、「オリーブ」)に出資を行い ました。また、オリーブは株式会社もくもく(以下、「もくもく」)より、平成 21 年 5 月 1 日に Olive des Olive ブランド事業を譲り受けて既に事業を開始致しておりますので、併 せてここにお知らせ申し上げます。

オリーブは、もくもくが行っておりました Olive des Olive を中心とするヤングカジュアルブランドを展開するアパレル事業・専門小売事業を引継ぐことで、直営店舗 51 店舗とフ ランチャイズ・卸 23 店舗の販売チャネル並びに Olive des Olive のブランドライセンス事業を運営することとなります。 もくもくは Olive des Olive 以外の多角的に展開していた事業が大幅な赤字に陥ったため、 平成 21 年 2 月 27 日京都地方裁判所に対して、民事再生法の適用を申請いたしておりまし た。今般の事業譲受によって、健全な収益事業である Olive des Olive 事業並びに同事業に関わる全従業員がオリーブに承継され、加えて、今般の弊社ファンドの出資によって、より強固な事業基盤のもとに事業運営がなされていくこととなります。 更に、オリーブは J-STAR ファンドからの出資に加え、5 億円のコミットメントラインの設定について、あおぞら銀行様に応じて頂くことになりました。これによって、事業譲渡から早期に、磐石かつ万全な財務基盤を整えることが出来、機動的な商品調達、出店戦略の実施が可能となりました。

オリーブは、大手アパレル・MD コンサルティング出身の内野伸彦氏を新たに代表取締役に迎え、内部基盤の整備・管理体制の強化、商品運用力の向上を図ると同時に、「カワイイを、生きる」のブランドコンセプトのもと、新たなブランド戦略・成長戦略を実行してまいることとなります。オリーブによる事業譲受による新体制によって、Olive des Olive 事業は、国内市場はもとより海外市場においても、ブランド・事業戦略の再構築を図り、ヤングレディースカテゴリーにおける、個性と特色が明確なカジュアルブランドとして、今まで以上にお客様、お取引先様のご期待に応えることができるものと考えております。
弊社と致しましても、精一杯のご支援を申し上げていく所存でございますので、お客様、お取引先様、関係者の皆様におかれましては、オリーブに対するご支援とご理解を賜りま すよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

以上


【オリーブの概要】

会社名   :オリーブ・デ・オリーブ株式会社
住所    :京都府京都市中京区柳馬場蛸薬師下ル十文字町 437
設立    :平成 21 年 2 月 13 日
資本金   :475,025,000 円
代表者   :内野伸彦
株主    :J-STAR 一号投資事業有限責任組合、Pacific Minato,L.P.
従業員数  :214 名
店舗    :全国 51 店舗
事業内容  :Olive des Olive に関する SPA 事業、同ブランド運営事業


【内野伸彦氏略歴】 

   昭和 52 年 同志社大学(商)卒
     同年    株式会社ワールド入社
   平成 13 年 同退社 有限会社 B.F.C 設立
   平成 19 年 株式会社 D&B ビジネスパートナーズ設立
   平成 21 年 株式会社オリーブ・デ・オリーブ代表取締役就任

株式会社オリーブ・デ・オリーブへの出資完了について(PDF:16.3 KB)