メディアルーム

2009年2月27日 TSS 株式会社の設立並びに シンワフロンテック株式会社及び三光電機工業株式会社の一部事業の譲受について

弊社はこの度、弊社が管理・運営する J-STAR 一号投資事業有限責任組合を通じ、TSS 株式会社(以下、「TSS」)を設立いたしました。また、TSS株式会社は平成21年2月10日にシンワフロンテック株式会社(神奈川県川崎市、代表取締役 藤田和男、以下、「シンワ」)及び同社の子会社である三光電機工業株式会社(神奈川県相模原市、代表取締役 藤田和男、以下、「三光」)の事業の一部を譲り受け、事業を開始いたしましたのでお知らせいたします。

シンワは昭和 59 年に設立され、電子回路基板の写真原図の製作・販売からスタートし、周辺の企業と連携しながら特殊な電子回路基板を製造・販売してまいりました。また、三光は昭和 35 年に設立され、これまで電子回路基板の短納期・小ロットの試作サービスを提供してまいりました。
シンワは平成 19 年に事業拡大を企図して神奈川県及び相模原市から制度融資及び助成制度の認定を受け、新工場を神奈川県相模原市に取得し、移転を進めてまいりしましたが、折からの経済環境の激変も重なり、十分な資金調達ができずに、昨年 9 月に民事再生手続の申立を東京地方裁判所に行いました。

このたび、TSS は、シンワの電子回路開発・量産部門と三光の試作サービス事業を譲り受け、両社一体として新会社にてスタートすることになりました。シンワでは、これまで様々な特殊用途の電子回路基板の開発を手掛けておりましたが、特に、ハイブリッド自動車、電気自動車、産業機械及び照明器具等今後需要が高まると見られる用途分野において、大電流基板や熱対策基板に代表される独自技術による特殊電子回路基板を提供していくことで、電子部品に対する社会の要請の変化を確実に捉えていくことができるものと考えております。また、三光が長年にわたり培ってきた短納期・小ロットのフレキシブルな生産体制を活かして、これまでの試作サービスに加え、特殊基板の中小ロット量産を積極的に手がけていくことで、変化するお客様のニーズにより幅広く応えていくことができるものと考えております。

TSS の代表取締役に就任した小西照郎氏は、自ら電子回路の設計事業を行う事業を起業され、現在は日本電子回路工業会の副会長という要職にありますが、シンワ及び三光の行っていた事業の将来性と電子回路基板業界の新分野の確立という志のもと、TSS の代表者をお引き受けいただきました。

今後は、小西社長のもと、全従業員が一丸となって、TSS が有する生産技術を活かして、お客様の大電流対策や熱対策をはじめとする特殊分野においてフレキシブルな課題解決を提供していく企業として成長していくための支援を行って参りますので、お客様、お取引先様など関係者様各位の引き続きのご支援、ご理解を賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

以上


【TSS に関する資料】
1. TSS の概要

会社名: TSS 株式会社
本社所在地: 神奈川県相模原市清新 8-20-25(相模原事業所所在地)
設立: 平成 21 年 1 月 27 日
代表者: 小西 照郎
取締役: 櫻井 秀秋、荒川 暁
監査役: 原田 健一
株主: J-STAR 一号投資事業有限責任組合、Pacific Minato, L.P.
役職員数: 64 名(2 月 27 日時点)
事業所: 相模原本社事業所、川崎事業所(川崎市中原区)
事業内容: ①開発~試作~量産の一気通貫サービス
②短納期・小ロットのフレキシブルな試作基板製造サービス
③大電流・熱対策基板などを中心とした特殊基板の開発・製造

2. 小西社長の略歴
小西 照郎(コニシ テルオ) 55 歳
現在の役職:日本電子回路工業会副会長、ソーワコーポレーション会長(非常勤)
略歴   :大学卒業後、電子回路設計会社に入社。1983 年有限会社創和設計(現ソーワコ
ーポレーション)を創業。その後、後進に道を譲る形で、2008 年 6 月ソーワ コーポレーションの取締役終任とともに会長就任

TSS 株式会社の設立並びに シンワフロンテック株式会社及び三光電機工業株式会社の一部事業の譲受について(PDF:23.4 KB)